HOME
VIBES BOARD
IN THE GEN
VIBES GARAGE
BIKER'S SPOT
SPIN-OFF
The Harley-Davidson Enthusiast
 
NEW RELEASE INDEX GUIDE BACK NUMBER VIBES GOODS SHOP LIST

IN THE GEN(今月の源)

バイカーたるもの基本的なメンテナンスは自分で出来ないとね!
VIBESの人間だってもちろんやります!やらせていただきます!!
と言う事で編集部・広告部・制作部の中で、現在修理&カスタム奮闘記をを連載レポート。
マニアックな部分も多々ありますが、是非とも参考にしてみて下さい!

制作部:山川素史

第1段 マイ ヒストリー オブ ハーレー

ハーレー1台目はウルトラだった……!!!

その昔、ハーレーを買いました。その名もエレクトラグライドスタンダード、エンジンは1995年式(だったと思う)のエボリューション。カラーリングはブラックと、いかにもハーレーらしいバイクからのスタートであった。

確かにいいバイクであった。だた難点を言えば、自分のライフスタイルにまったく合ってなかったことぐらい。しかし、ニューリッチと呼ばれる人ならT.P.O.に合わして様々な選択肢もあるだろうが、ワーキングプアー君が無理に無理を通して買った1台であるため、すり抜けでは使えず、どこか止めようにも平らな広大なスペースを必要とするということは、ハーレー初心者が東京で足代わりに使うには覚悟と気合いがあまりに足りなかったのである。持ってるだけ、乗らない日々が続き、「乗り換え」という言葉が脳裏に浮かんで来るのも時間の問題だった。

2台目はショベルリジット!!

乗り換えよう、エンジンが自分と同じ年のモデルに。リジットだけは絶対だ。スタイルはどうにでもなるけど、エンジンだけは信頼できるもの。そして見つけたのが現在のバイクだ。テイスティングが名古屋から東京までの初ロング。ショベルがそして、リジットがどんなモノかも知らないまま買った勢いで走破。ミラーが壊れ落としたことがトラブルといえばトラブルであった。

古いバイクはというか古いパーツ類は、エンジンやミッションとは別に、いろんな所が壊れるものである。また、前のオーナーがいじった所で気に入らないところも多々あり、自分に合わせていじりたくなってしまうものである。ウルトラの苦労は身に染みたけど、ショベルはエンジン始動に苦労しようが、度々具合が悪くなり入院を繰り返すが、許せてしまうのは何故だろう。

短命だったカラーリング!

タンクに穴が開き、ガソリンが漏れ出し、タンクの塗装がボロボロになってしまった。何とかしなくてはということで、時間のある年末年始を利用して、タンクを赤からマリンブルーへ塗り替え、ついでにリアフェンダーを短くカット。やっと自分スペシャルになったと思い気や。塗装後1週間でアクシデント。現在、入院中。近日完全復活予定?!

1


制作部:楡木
このページのトップへ
HOME投稿フォーム会社概要プライバシーポリシー