HOME
VIBES BOARD
IN THE GEN
VIBES GARAGE
BIKER'S SPOT
SPIN-OFF
The Harley-Davidson Enthusiast
 
NEW RELEASE INDEX GUIDE BACK NUMBER VIBES GOODS SHOP LIST

IN THE GEN(今月の源)

バイカーたるもの基本的なメンテナンスは自分で出来ないとね!
VIBESの人間だってもちろんやります!やらせていただきます!!
と言う事で編集部・広告部・制作部の中で、現在修理&カスタム奮闘記をを連載レポート。
マニアックな部分も多々ありますが、是非とも参考にしてみて下さい!

制作部:早乙女 大輔

第26段 電装系トラブルT_T

会社帰り、自宅まで3kmの所で
エンジンスト〜ル。。。

いろいろ見てみると、ウインカーがついたりつかなかったり、
ヘッドライトがついたりつかなかったり。
キックでエンジンをかけてみると、
爆音で『パンッ!!! パンッ!!!』っと鳴るだけでエンジン掛からず。。。
たまに掛かったり。。。が、すぐに『パンッ!!! パンッ!!!』。
あきらかに電装系が原因だなぁ〜なんて思っていると
ご近所の同部署池田パパが通りがかり、
200mの上り坂だけ押してもらう事に♪

身体ガクガクになりながらも自宅にたどり着き、
検電テスターでチェック。
どこかが接触不良をおこしてそうだが問題なく、電圧も異常なし。
レギュレターやコイル、ブレーカー等、
手持ちの予備パーツに全て変えても同じ症状T_T

こりゃ、探ってもまったく分からんので
潔く配線引き直ししか無いかなって訳で、
まずは配線図を自作!!

キックオンリーなので超シンプル。
いままでブレーカーを3個も使用していた変わりに、
今回はブレーカー×1+ターミナルを使って分配します。
万が一、ブレーカーが落ちても
ターミナルを部分的に遮断すれば
何処が原因か簡単に探れる仕組みです。

ではさっそく配線を全てひっぱがします。
年数が経っているのでオイルでドロドロ&熱で硬化してます。

サクサクっと作業を進めて超キレイになった♪
実質作業時間4.5時間ほどで出来ました!
写真取るの面倒でいきなり完成です。

CHOPPER配線なので自分でやると
4000円以下で簡単に出来ちゃいます♪しかも楽しい!!!!

では、早速始動テスト!




NOOO〜! 以前と症状は変わりませんT_T
新たにした配線は完璧、通電もチェック済み......

残るは流用した
メインキー(Keyレス仕様)のトグルスイッチかぁ......?
何度チェックしてもちゃんと通電はしているが
振動などでの接触不良だったら上記症状はあり得る様な。。。

っと言う訳でメインスイッチ交換。
今までのトグルスイッチはこれ。
防水対策のためラバースプレーでコーティング済。

そして今回使用するNEWトグルスイッチ!
スイッチ内部にシリコンが入っており、
キャップを被せる簡易防水ではなく
建機などで使われている屋外仕様のタフな完全防水モノ。

レバーの奥にウレタンでコーティングされてるの↓↓見えるかな〜


こいつに期待“大”です。

そして始動してみると。。。。。またしても同じ症状。

んじゃ次は10年以上使っているヘッドライトのHI-LOWスイッチ!

こいつを新品に。(ハンダ処理も上手くなったw)

まぁ〜ここらへんは関係ないの分かっていますが、
この際だからついでに交換!
これで、ショベルに使われている配線関連はALL新品デス♪

で、始動してみると。。。。。またしても同じ症状。
も〜ここまで来たら、原因はあと2つしか無いですね。

そう、『バッテリー』or『オルタネーター』っすね!

改めてバッテリーをチェックしてみると
しっかり12.5V前後をキープしています。
が、が、ほんの一瞬4V位まで落ち込む時があるT_T
それが5〜10分周期で起きている?? こんなの初めて見た。。
この不安定さが原因っぽいぞ!!!!!!!!?
なので、過去3度使用したことのある産業用電池で有名な
MADE IN JAPANの【HITACHI】を入れてみます。

す る と 
すばらしく絶好調なエンジン音。
あいゃ〜始めからバッテリーが原因だったかもね〜。。。。
遠回りしたけど、配線リフレッシュも出来たから結果OKデス^^/

『オルタ』じゃなくて良かった〜。

2013年7月

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

 

制作部:楡木
このページのトップへ
HOME投稿フォーム会社概要プライバシーポリシー