HOME
VIBES BOARD
IN THE GEN
VIBES GARAGE
BIKER'S SPOT
SPIN-OFF
The Harley-Davidson Enthusiast
 
NEW RELEASE INDEX GUIDE BACK NUMBER VIBES GOODS SHOP LIST

IN THE GEN(今月の源)

第30回/ウメ

2日前

さて、バイブズミーティング福岡へ向かう2日前(開催5日前)です。
いろんなものが嵐のように過ぎ去っていく中、気付けばもうそんな季節。気付けば……なんて書くと諸先輩方から本気で怒られそうですが、8月末から数えると本の締め切り計4回。VIBES10月号、道楽、BIKER-MON、そしてVIBES11月号、約1ヶ月で4冊の締め切り。これ、冷静に見つめ直すとまさに週刊誌です、週刊誌。そんな嵐の後のVMです。

さまざまな情報が1ヶ月以上も前から耳に入っておりますが、僕たちは僕たちのすべきこと、僕たちが成すべきことをしに福岡へ向かうのです。熱き熱き九州のバイカーたちは会場整備のため、何人も何人も会場へ足を運び、汗を流してくれています。
小型ユンボを使って土壌を馴らし、皆揃って大量のゴミ拾い、野犬が数多くいたとの声も聞きました。週末という週末、九州各地から駆けつけてくれているバイカーたちには本当に頭が上がりません。会場整備には駆けつけたが、開催当日は来れない人もいると聞きました。だからではないですが、VM開催の陰にそんなバイカーたちの存在があることを心のどこかに留めておいてほしい、そう思うわけです。
毎年のことですが、VMにはさまざまな“思い”が集結します。会場で待ち受ける人、会場に向かう人、VMに傾ける気持ちはそれぞれに熱く、ここで語り尽くせるものではありません。だからこそ“涙”なくしては語れない物語がいくつも生まれるのだと思います。

「俺、北九州行けねー!!」
「残念ですっ!!」
「仕事と家の稲刈り!!」
「申し訳ありません!」
ってなぜか謝ってこられるバイカーも……。
行きたくて行きたくて、でも行けなくて、そんなバイカーも少なくありません。
僕たちができること、それはやはりバイカーたちのそれぞれの思いをバイカーたちに、“伝える”こと。それが僕たちの成すべきことのひとつだと思う出発2日前です。

みなさん、気をつけて!!!!!

第1回 :弘田リホー
第2回 :ウメ
第3回 :新井真一
第4回 :吉田慎也
第5回 :松尾COZY
第6回 :植村みのる
第7回 :ジェームス関島
第8回 :弘田リホー
第9回 :新井真一
第10回 :ウメ
第11回 :吉田慎也
第12回 :松尾COZY
第13回 :植村みのる
第14回 :ジェームス関島
第15回 :弘田リホー
第16回 :ウメ
第17回 :新井真一
第18回 :吉田慎也
第19回 :松尾COZY
第20回 :植村みのる
第21回 :ジェームス関島
第22回 :弘田リホー<
第23回 :ウメ
第24回 :新井真一
第25回 :吉田慎也
第26回 :松尾COZY
第27回 :植村みのる
第28回 :ジェームス関島
第29回 :弘田リホー
第30回 :ウメ
第31回 :新井真一
第32回 :ウメ
第33回 :吉田慎也
第34回 :松尾COZY
第35回 :植村みのる
第36回 :ジェームス関島
第37回 :弘田リホー

このページのトップへ
HOME投稿フォーム会社概要プライバシーポリシー