HOME
VIBES BOARD
IN THE GEN
VIBES GARAGE
BIKER'S SPOT
SPIN-OFF
The Harley-Davidson Enthusiast
 
NEW RELEASE INDEX GUIDE BACK NUMBER VIBES GOODS SHOP LIST

IN THE GEN(今月の源)

第29回/弘田リホー

無事これ名馬

もう少しでバイブズミーティングが開催されます。今年は福岡ということで東日本から参加する人はかなりの距離になるんじゃないですかね。特に、古い車輌に乗ってる人は心配でならないのではないでしょうか。

よく「旧車は壊れやすい」と言われます。確かに壊れやすいですが、実は「それほど壊れないで乗り続けられる」ものなんです。この間も5日間の強行スケジュールで新潟、長野、京都、大阪、高知と取材をし、オイルキャニスターのマウントステーは折れ、ガイドウインカーのレンズカバーと、フリーダム製のレンズが飛んでいき、一次チェーンがアホみたいに伸びたりしたんですが、特に問題なく帰ってきました。帰りは四国の香川から一気にです。これを問題として“壊れた”というのなら、確かに壊れやすいものかもしれませんね。距離やスピードではなく、走ってて楽しいのが旧車の特徴なんです。ちょっとしたトラブルは、走れているのなら故障とは考えない頭になっているんです。どうしても自分が旧車に乗っているもんで、そっちからの目線でしか見れないんですが……。こうやって偉そうに書いているのも、いろんなものを落としてなくしていきながらも「旧車は楽しい」ということを自分に言い聞かせているだけなんですけどね。

それはそうと話を戻しまして、福岡への道は皆さん安全運転でお願いします。
僕がハーレーに乗り始めた頃、乗り方を教えてくれた人に「飛ばすことよりも、ゆっくり走ることの方が技術が必要」と言われ、時速2qぐらいのスピードで味の素スタジアムのまわりをフラつかなくなるまで何日も延々と走らされていた記憶があります。僕は上手にハーレーを乗りこなすことができて、初めて「ハーレーに乗っている」と胸を張って言える気がするんで、今でも時々ゆっくり走る練習をします。なので走り出してフラフラしたり、スピードを上げないと車体を保てなかったりするといつも「なんだかなぁ」と落ち込むんですよ。
格好良く乗るための“格好”は服装などのアイテムだけではなく“乗り方”にこそ大きく影響されると思ってます。道路でスピードを上げるよりも、運転技術を上げていきたいところです。

とにかく安全運転で、福岡で待ってます!!

第1回 :弘田リホー
第2回 :ウメ
第3回 :新井真一
第4回 :吉田慎也
第5回 :松尾COZY
第6回 :植村みのる
第7回 :ジェームス関島
第8回 :弘田リホー
第9回 :新井真一
第10回 :ウメ
第11回 :吉田慎也
第12回 :松尾COZY
第13回 :植村みのる
第14回 :ジェームス関島
第15回 :弘田リホー
第16回 :ウメ
第17回 :新井真一
第18回 :吉田慎也
第19回 :松尾COZY
第20回 :植村みのる
第21回 :ジェームス関島
第22回 :弘田リホー<
第23回 :ウメ
第24回 :新井真一
第25回 :吉田慎也
第26回 :松尾COZY
第27回 :植村みのる
第28回 :ジェームス関島
第29回 :弘田リホー
第30回 :ウメ
第31回 :新井真一
第32回 :ウメ
第33回 :吉田慎也
第34回 :松尾COZY
第35回 :植村みのる
第36回 :ジェームス関島
第37回 :弘田リホー

このページのトップへ
HOME投稿フォーム会社概要プライバシーポリシー