HOME
VIBES BOARD
IN THE GEN
VIBES GARAGE
BIKER'S SPOT
SPIN-OFF
The Harley-Davidson Enthusiast
 
NEW RELEASE INDEX GUIDE BACK NUMBER VIBES GOODS SHOP LIST

IN THE GEN(今月の源)

第27回/植村みのる

旅のあとさき

ここ十数年、その年の課題が「スーパーラリーに行くこと」になっている。目標というよりも課題なんだと思う。目標っていうと、もしできなければ仕方ない…みたいな余裕がある。ないかな? あるんだよオレにとっては。でも課題っていうと、何がなんでもやらなきゃならない的な、絶対にクリアしてやるという意気込みがある。ない? あるんだよオレには。

ヨーロッパにいる友人たち(主にドイツ人とイタリア人ね)との旅は、丸一日しっかり走って、晩はゆっくりと過ごす。そんなだから朝のスタートはそれほど早くはない。晩はホテルだったりキャンプ場だったり、その時々で異なるものの、そこに付随するレストランやバーなど「お食事処」も含めて今までハズレたことがない。半分くらいは偶然なので、そういう意味では旅に愛されているのだろう。

愚痴も出ないほど走りきった1日の終わりに、ちょっとだけ贅沢な時間を過ごす。ものすごくくだらない冗談をいつまでも言い合って笑ったり、好きな映画やミュージシャンの話に興じたり、家族や身近な人の話をしたり。
これがあとから実に効いてくる。すべてが終わって編集部に戻り、何か違う企画を進めている途中でふと思い出して笑いが止まらなくなったり、胸が熱くなったりするのだ。 欧州の旅路は、たいていは4〜5日ずつの往復で10日前後、ラリー会場に4日くらいだから、約2週間程度を共にする。自分の親ですらそんなに長い時間を一緒に過ごしたのなんて赤ちゃんの時くらいだ。特に社会に出てからは、日本人とでもそんなに長い時間を一緒に過ごしたことはない。だから必然的に仲良くなる。もめゴトも時々はあるが、どれもが小さなことで、どんなに険悪な空気になっても翌日には持ち越さない。

そして気付いたのだ、自分がバイブズラリーをなくさなかった理由に。バイカー同士で一緒に走り、そしてキャンプをし、また走る。信頼できる極めて純粋な何かも共有……たぶんそれが根っこにあるのだ。


ワイワイやっているといつの間にか地元の大将が同席していて、
おつまみがもらえないと諦めるまで動こうとしない。

第1回 :弘田リホー
第2回 :ウメ
第3回 :新井真一
第4回 :吉田慎也
第5回 :松尾COZY
第6回 :植村みのる
第7回 :ジェームス関島
第8回 :弘田リホー
第9回 :新井真一
第10回 :ウメ
第11回 :吉田慎也
第12回 :松尾COZY
第13回 :植村みのる
第14回 :ジェームス関島
第15回 :弘田リホー
第16回 :ウメ
第17回 :新井真一
第18回 :吉田慎也
第19回 :松尾COZY
第20回 :植村みのる
第21回 :ジェームス関島
第22回 :弘田リホー<
第23回 :ウメ
第24回 :新井真一
第25回 :吉田慎也
第26回 :松尾COZY
第27回 :植村みのる
第28回 :ジェームス関島
第29回 :弘田リホー
第30回 :ウメ
第31回 :新井真一
第32回 :ウメ
第33回 :吉田慎也
第34回 :松尾COZY
第35回 :植村みのる
第36回 :ジェームス関島
第37回 :弘田リホー

このページのトップへ
HOME投稿フォーム会社概要プライバシーポリシー