HOME
VIBES BOARD
IN THE GEN
VIBES GARAGE
BIKER'S SPOT
SPIN-OFF
The Harley-Davidson Enthusiast
 
NEW RELEASE INDEX GUIDE BACK NUMBER VIBES GOODS SHOP LIST

IN THE GEN(今月の源)

第25回/吉田慎也

Kと僕

僕が新しく出会ったチョッパー。三重県の「バーチュオーゾ」というお店が作ったKモデルというエンジンが搭載してある代物。とにかくカッコいい。それだけで一目惚れして、本当に悩んだか、悩まなかったはわからないけど購入を決意。表紙撮影後のインタビューで、もともとオーナーのいないバイクで、ビルダーの宮浦さんが好き勝手に作ったバイクという事実を知ってそこにも魅力を感じた。
 もし、誰か知らないオーナーのセンスが混じっていたら間違いなく買わなかったと思う。ゴジャゴチャ言ってるけど、基本的にはカッコいいっていう直感だけ。景気が悪いだのなんだのは一切関係ないかな。働けば金はどうにかなるし、無謀だけどもうローンも組めたし。これからは、40歳までどうにかしてやりいくりしないと(笑)。
 現実なんて考えたら、こんな現実味のないバイクには乗れない。快適を求めるならクルマに乗るし、経済的な理由を考えるなら電車とバスで充分。だけど、それじゃカッコ良くない。やっぱりカッコつけて生きていくのが楽しいと思うから。僕はね。

知らない人からは、乗りづらいでしょ? いくらだったの? なんて言われるけど、全部笑顔でなんとかしてる。興味のない人に説明してもわからないから。
わざわざカッコつけるためにカッコいいバイクを選んだんだからいろいろしょうがないんです。人生を楽しむなら乗り物だって楽しくないと…なんて偉そうなことを考えたりするけど、結局このバイクに乗って街を走ったらいろんなことがどうでもよくなる。だって、爆発的に気持ちがいいもの。何がどうとか説明は難しいけど、とにかく気持ちがいいの。こんな感覚はチョッパーじゃないと味わえない。
旧車は知識がないと乗れないから…と思っていたけど、乗りたいという気持ちがあればなんとかなる。僕は旧車にはまったく興味がなかったし、いまだに知識は皆無だけど、今のところ乗れてる。でも、これからちょっとずつ勉強していこうかなと思ってるけど、どこまで頑張れるか(笑)。楽しく乗るためにはある程度知識は必要だけど、困ったら「プロショップに頼る」という徹底したこだわりがあるので、僕は何も変わらない気がする。

今年の目標はこのバイクで全国行脚。高速とか一本道とかをトコトコ走りたいなと。
どこかでもし停まっていたら助けてください。いまだにキックが少し苦手です。でも、カッコつけて蹴ってます。

第1回 :弘田リホー
第2回 :ウメ
第3回 :新井真一
第4回 :吉田慎也
第5回 :松尾COZY
第6回 :植村みのる
第7回 :ジェームス関島
第8回 :弘田リホー
第9回 :新井真一
第10回 :ウメ
第11回 :吉田慎也
第12回 :松尾COZY
第13回 :植村みのる
第14回 :ジェームス関島
第15回 :弘田リホー
第16回 :ウメ
第17回 :新井真一
第18回 :吉田慎也
第19回 :松尾COZY
第20回 :植村みのる
第21回 :ジェームス関島
第22回 :弘田リホー<
第23回 :ウメ
第24回 :新井真一
第25回 :吉田慎也
第26回 :松尾COZY
第27回 :植村みのる
第28回 :ジェームス関島
第29回 :弘田リホー
第30回 :ウメ
第31回 :新井真一
第32回 :ウメ
第33回 :吉田慎也
第34回 :松尾COZY
第35回 :植村みのる
第36回 :ジェームス関島
第37回 :弘田リホー

このページのトップへ
HOME投稿フォーム会社概要プライバシーポリシー