HOME
VIBES BOARD
IN THE GEN
VIBES GARAGE
BIKER'S SPOT
SPIN-OFF
The Harley-Davidson Enthusiast
 
NEW RELEASE INDEX GUIDE BACK NUMBER VIBES GOODS SHOP LIST

IN THE GEN(今月の源)

第24回/新井真一

トラブル&リペア&ゴー

今年に入ってからバイクのトラブルが続いている。バイブズの編集後記にも書いたのだが、まずスクーターのセルがまわらなくなった。キックしてもエンジンがかからず、修理する羽目に。修理から帰ってくると絶好調な感じだったのに会社を一往復しただけでエンジンストップ。今度はセルはまわるが、エンジンがかからない。再度入院。シリンダーとピストンに傷があり、圧縮の圧も弱い。結果ここは全取り換え。格好高くついてしまった。戻ってきて気持ち良く走っているとリアが不安定な感じがする。コーナーでズルッと滑りコケそうになった。チェックしてみると空気が全然ない。明らかにパンク。ゆっくりとスタンドまで走り。とりあえずの応急措置はしたが、見てみるとクギを拾ってた。パンク修理キットで簡単に直せはしたが、なんか良くねえなぁ。

そしてハーレー。
バイブズラリーを気持ち良く走ったのはいいけれど、数日後、トリップメーターを見るとLLLLの表示。「何だこりゃ?」と思いながらスピードメーターが動いていないのに気がつく。リアブレーキの踏み心地が明らかに変でガタもすごい。見てみると中のベアリング(ブッシュ)が破損してなくなっていた。そしてヘッドライトのバルブまで切れた。よくまあこれだけ続いたもんだと思ったけど、5月には車検もあるし早急に修理に取り掛かる。
ブレーキはマフラーを外したりして面倒だったけど、作業自体は簡単なので難なく修理完了。しばらくリアブレーキを使わないで走っていたので、これで一安心。バルブも交換してついでにオイル交換もしてやった。一番大変だったのがメーター。メーターはデジタル式のために修理は不可能。新品も販売されておらず中古を手に入れるしかないらしい。しかし中古がなかなかないんだな。ショップに聞いてみると俺と同じ年代のハーレーでメーターが壊れてしまった人は結構苦労しているらしい。ネットを見るといくつか中古品がオークションで売られているが、買うのには躊躇する。だって買っても実働の保証もないしね(よくあるノークレーム、ノーリターンってやつはズルいよね)。いろんな人に声をかけて、運良く手に入れることができ配線を変えることで復活させることができた。実際のスピードの若干のズレはあるけれど、車検さえ通ればOKだもんね。ずっと気になっていたフレームのサビも落として再塗装してやった。さらにETCもついちゃって、もう無敵だな、俺のハーレー。

そんなわけでミーティングシーズンも始まったし、今年も全国に走っていきます。
見かけたら気軽に声をかけてくださいね。


第1回 :弘田リホー
第2回 :ウメ
第3回 :新井真一
第4回 :吉田慎也
第5回 :松尾COZY
第6回 :植村みのる
第7回 :ジェームス関島
第8回 :弘田リホー
第9回 :新井真一
第10回 :ウメ
第11回 :吉田慎也
第12回 :松尾COZY
第13回 :植村みのる
第14回 :ジェームス関島
第15回 :弘田リホー
第16回 :ウメ
第17回 :新井真一
第18回 :吉田慎也
第19回 :松尾COZY
第20回 :植村みのる
第21回 :ジェームス関島
第22回 :弘田リホー<
第23回 :ウメ
第24回 :新井真一
第25回 :吉田慎也
第26回 :松尾COZY
第27回 :植村みのる
第28回 :ジェームス関島
第29回 :弘田リホー
第30回 :ウメ
第31回 :新井真一
第32回 :ウメ
第33回 :吉田慎也
第34回 :松尾COZY
第35回 :植村みのる
第36回 :ジェームス関島
第37回 :弘田リホー

このページのトップへ
HOME投稿フォーム会社概要プライバシーポリシー