HOME
VIBES BOARD
IN THE GEN
VIBES GARAGE
BIKER'S SPOT
SPIN-OFF
The Harley-Davidson Enthusiast
 
NEW RELEASE INDEX GUIDE BACK NUMBER VIBES GOODS SHOP LIST

IN THE GEN(今月の源)

第22回/弘田リホー

F・S・C・R

3月29日、筑波サーキットで初開催される「FSCR(ファイティングショベルクラブマンロードレース…う〜ん、長すぎる)」。参戦資格はショベルヘッド以前のモデルであれば、サイドバルブ、ナックル、パン、アイアン、K……、とにかく'84年式までの車輌ならなんでも出られる、いわば『旧車で日本一速い男を決めるレース』なんです。

もちろん、全日本選手権が行われている筑波サーキットでのレースなんで、ツナギやブーツの着用はもちろん、ヘルメットもSNELL2010適合品でなければならないし、今年から脊椎パットの着用も義務づけられています。なんでかって? そりゃあ本格的なレースだからこそ、できる限り安全を確保しとこうじゃないかということですよ。

車輌にも少しだけレギュレーションというものがあって、全長及び全高は純正のワイグラより大きくならないこと。他にもチョッパー車輌は禁止(チョッパーで走りたいなら4月19日の「サンデーチョップチキンレース」が楽しいよ!)など。
詳しいレギュレーションは今発売中のVIBES・vol.257のP.151に書いてあるんで見ておいてください。

今後、2年間はエンジンなどのチューニングに制限のないオープンクラスなんで、社外のケースだろうが社外ヘッドだろうが、FCRだろうが、スーパーチャージャー(ん? いけるかどうか問い合わせてみて)だろうが、倒立だろうが、FXRだろうが、FLTだろうが、デュオグライドだろうが、とにかく“速さに自信のある旧車乗り”は、レギュレーションをチェックしてぜひ参戦してみてください!

それと今回から特別に、主催側が車輌の修正箇所を教えてくれる事前審査をしてくれるそうなんで、申し込む時に必ず車輌の写真を送ってください(mrider-17@td6.so-net.ne.jp)。これをやってないと、レース当日に車検に落ちてレースに出られないばかりか、お金も戻ってこない事態になりかねないので必ずですよ!

まあともかく、サイドバルブからショベルまでの車輌が全開で一斉に走れるこんな機会はないです。初回なんでどれだけの車輌が集まるかは未知ですが、「3月29日は筑波サーキットに朝9時集合」とだけ覚えておいてください。

あっ、それと参戦希望者の締め切りは3月2日なんでお忘れなく!!

第1回 :弘田リホー
第2回 :ウメ
第3回 :新井真一
第4回 :吉田慎也
第5回 :松尾COZY
第6回 :植村みのる
第7回 :ジェームス関島
第8回 :弘田リホー
第9回 :新井真一
第10回 :ウメ
第11回 :吉田慎也
第12回 :松尾COZY
第13回 :植村みのる
第14回 :ジェームス関島
第15回 :弘田リホー
第16回 :ウメ
第17回 :新井真一
第18回 :吉田慎也
第19回 :松尾COZY
第20回 :植村みのる
第21回 :ジェームス関島
第22回 :弘田リホー<
第23回 :ウメ
第24回 :新井真一
第25回 :吉田慎也
第26回 :松尾COZY
第27回 :植村みのる
第28回 :ジェームス関島
第29回 :弘田リホー
第30回 :ウメ
第31回 :新井真一
第32回 :ウメ
第33回 :吉田慎也
第34回 :松尾COZY
第35回 :植村みのる
第36回 :ジェームス関島
第37回 :弘田リホー

このページのトップへ
HOME投稿フォーム会社概要プライバシーポリシー