HOME
VIBES BOARD
IN THE GEN
VIBES GARAGE
BIKER'S SPOT
SPIN-OFF
The Harley-Davidson Enthusiast
 
NEW RELEASE INDEX GUIDE BACK NUMBER VIBES GOODS SHOP LIST

IN THE GEN(今月の源)

第12回/松尾COZY

春一番「元気ですかッ!!」

今月号の特集、移民の歌「東京コーリング」どうでしたか?
東京に縁のない人には全然共感の得られなかった内容かもしれないけど、多種多様な田舎モノが集まったこの街では、みんな大なり小なりの夢や希望や悩みや野望を持って生きているわけで、取材させてもらったバイカーたちの気持ちもそれぞれ違っていて興味深かった。

九州の佐賀で育った自分にとって、東京は外国に近い感覚だった。
「東京って動物園を思い出す。いろんなところから動物を連れて来て、似合わんところに入れよってね……」これはTHE MODSの北里さんが何かのインタビューで答えていたセリフ。中学の頃これを真似して友達と言い合ってたことがあったけど、なんか反発心を持って都会を見るのがカッコいいんだと、モロ影響されていたものだ。
他にも博多のバンドやパンクスは東京に行くとボコられるとか、'80年代初期にはそんな噂(あくまでも噂ね)もあったし、とにかく東京にはなんの憧れもなく、自分には関係ないものだと思っていた。
アンチを決定づけたのは高校の頃大好きだった子が東京の大学に行ったこと。
「東京のバカヤロー」ってツヨシナガブチじゃなけいけど、そんな感じだったもんなあ。何の因果がそんな東京にやって来てもう15年。クルマと排気ガスとビルの街やけど、バイクで通勤していてひとつだけ気に入ってるところがある。外堀通りの桜並木。

花粉症が一番ピークの時だけど、毎年薄ピンクの桜が咲き始めるとだんだんテンションが上がってくる。夜桜見ながらチューしてるカップルの横をクラクション鳴らして走り去るのもおもしろい。
もうすぐ春、その季節がやってくる。今年は花見がてらに歩いてみるか。雪には散々泣かされたけど、盛り上がった気持ちはもう抑えられない。アーーッ しまったエンジンまだ組んどらんやった……。

みんな走り出す準備はできてる? 

第1回 :弘田リホー
第2回 :ウメ
第3回 :新井真一
第4回 :吉田慎也
第5回 :松尾COZY
第6回 :植村みのる
第7回 :ジェームス関島
第8回 :弘田リホー
第9回 :新井真一
第10回 :ウメ
第11回 :吉田慎也
第12回 :松尾COZY
第13回 :植村みのる
第14回 :ジェームス関島
第15回 :弘田リホー
第16回 :ウメ
第17回 :新井真一
第18回 :吉田慎也
第19回 :松尾COZY
第20回 :植村みのる
第21回 :ジェームス関島
第22回 :弘田リホー<
第23回 :ウメ
第24回 :新井真一
第25回 :吉田慎也
第26回 :松尾COZY
第27回 :植村みのる
第28回 :ジェームス関島
第29回 :弘田リホー
第30回 :ウメ
第31回 :新井真一
第32回 :ウメ
第33回 :吉田慎也
第34回 :松尾COZY
第35回 :植村みのる
第36回 :ジェームス関島
第37回 :弘田リホー

このページのトップへ
HOME投稿フォーム会社概要プライバシーポリシー