HOME
VIBES BOARD
IN THE GEN
VIBES GARAGE
BIKER'S SPOT
SPIN-OFF
The Harley-Davidson Enthusiast
 
NEW RELEASE INDEX GUIDE BACK NUMBER VIBES GOODS SHOP LIST

IN THE GEN(今月の源)

第1回/弘田リホー

ノンタイトル

“IN THE GEN”を無視し続けてきた(有)源だったんですが、ついに今月から「VIBES編集部員で最低でも2週間で更新していく」ということになりました。最初からそうだったのかもしれませんが、とりあえず連載開始です。

ただ、正直この時期にウェブを更新している場合じゃないんですよ。今は「VIBES5月号」と「BIKER-MON No,21」、そしてハーレーが日本に入ってきて100周年ということで「鼓動の見聞録U(課題)」の3冊同時進行という状態でして。

そんなクソ忙しい状況の3月なんですが、埼玉にある秋ヶ瀬サーキットで初開催されたチキンレースは楽しかったぁ。おかげでずいぶん気晴らしになりました。誰でも気軽に参加できるもんだから、ロングフォークのチョッパーまでが曲がりくねったカートの狭いコースを走るんです。それもサイドバルブからツインカムまで。もちろんクラスは別れていたんですが、たぶんタイム的にはそんなに差がない感じでしたね。100メートルぐらいしかないゴール前のストレートをウイリーしながら走り抜けるスポーツや、リアタイヤを滑らせてケツを振りながらブッ飛ばすツインカムはかなりの迫力。

とにかく「レースってこんなに楽しいんだ」と、見に来てた人たちはみんな感じたと思います。この感じのノリで次回の開催も期待したいですね。希望としては年に2回、春と秋とかね。すいません、スタッフの人たちは大変なのに勝手なこと言って。

それで参加した人たちが、「もっとスロットルを全開にしたい」とか「広いところで走りたい」となった時に、次の目標としてAVCC(旧車レース)に流れ込んでいけばハーレーの世界がもっと盛り上がるんだろうな、と思うんです。それとAVCCでショベル部門を作ったりするとかね。あー、これからが楽しみ!

今回のチキンレース、唯一の心残りはVIBESから誰も参加できなかったこと。次回開催された時には編集部一の長さを誇るうめさんの“ロングボーイ”か、速さ自慢の新井さん所有“ダイナ”がマフラーを交換して出場します。本人たちの確認は取ってないですが今から煽っておきますので、どこかで2人に会った時には「次回のチキンレース出るんだよね?」と聞いてあげてください。 

第1回 :弘田リホー
第2回 :ウメ
第3回 :新井真一
第4回 :吉田慎也
第5回 :松尾COZY
第6回 :植村みのる
第7回 :ジェームス関島
第8回 :弘田リホー
第9回 :新井真一
第10回 :ウメ
第11回 :吉田慎也
第12回 :松尾COZY
第13回 :植村みのる
第14回 :ジェームス関島
第15回 :弘田リホー
第16回 :ウメ
第17回 :新井真一
第18回 :吉田慎也
第19回 :松尾COZY
第20回 :植村みのる
第21回 :ジェームス関島
第22回 :弘田リホー<
第23回 :ウメ
第24回 :新井真一
第25回 :吉田慎也
第26回 :松尾COZY
第27回 :植村みのる
第28回 :ジェームス関島
第29回 :弘田リホー
第30回 :ウメ
第31回 :新井真一
第32回 :ウメ
第33回 :吉田慎也
第34回 :松尾COZY
第35回 :植村みのる
第36回 :ジェームス関島
第37回 :弘田リホー

このページのトップへ
HOME投稿フォーム会社概要プライバシーポリシー